ありそうでなかったインテリア。日常に大理石を。

イタリア産大理石と希少なウォールナットの協奏曲(コンチェルト)。
誰も見たことのないインテリア・アイテムです。

Shinabelはヨーロッパで古来より建築や彫刻に使用されるイタリア産天然大理石の高級感と重厚感に、高級家具などで使用される無垢のウォールナット材の暖かさを組み合わせてデザインされた、今までにないインテリア・アイテムです。「日常に大理石を」をコンセプトに、現代日本のインテリアに合わせてミニマルにデザイン。
ぜひお手元に置いて、本物だけが持つ存在感、デザイン性をお楽しみください。

職人の手作業

イタリア産天然大理石を使用し、国内でひとつひとつ丁寧に作っています。

大理石の取り扱いの難しさから開発は難航し、1年の開発期間を経てようやく商品化しました。 大理石の加工は、切断、研磨など、大変な手間と時間がかかります。 シィナベルの表面磨きには7回もの工程があり、特に小さい物を仕上げるには、熟練の技が必要となります。 イタリアから仕入れた良質な天然大理石の、日本人が好む模様・色の部分をセレクトし、石の質感との相乗効果を表現しています。 素材の持つ特性を活かすため、家具の産地として歴史のある静岡で一点ずつ丁寧に作り上げています。 日本国内だからできるきめ細かい配慮と手仕事がここにあります。


Shinabel(シィナベル)

デザイナー萩原雅之・石井勇夫と中山家具とのコラボレーションブランド。天然大理石と無垢材の織りなす良質な大人の家具・小物シリーズです。ブランド名の「シィナベル」とは、静岡弁で片づけるという意味。 収納や整理するだけではなく、自分の大切な思い出や時間を飾りながら片つけることをイメージし、国内で丁寧に作られています。
中山家具株式会社  中山家具株式会社
中山 義隆

開発担当 中山 義隆
大理石やミカゲを使ったキッチン、家具のプロ集団として静岡にオフィスを構える。 2013 グッドデザインしずおか文化賞を受賞。
ニューウェーブしずおか創造事業「つなぐデザイン」でカラードロップデザインとコラボレーションし、大理石とウォールナット材を組み合わせた家具・小物の「shinabelシリーズ」をギフトショーにて発表。

ブログ「家具屋日記」

Color Drop Design
萩原 雅之
萩原 雅之
Masayuki Hagiwara
石井 勇夫
石井勇夫
Isao Ishii

吉祥寺で活動する萩原雅之と石井勇夫からなるデザインオフィスです。2人の個性を活かし、「思い」や「可能性」を、カタチにする仕事をしています。 プロダクト・グラフィックデザイン・イラスト、映像制作、企業顧問など、幅広い分野で活動中。近年は地場産業、地域活性共同プロジェクトにも参加。

e pietra

個性が融合した唯一無二のオリジナルガラステーブル 「e pietra(エ ピエトラ)」

シィナベルと同コンセプトの家具ブランド「エ ピエトラ」(株式会社アルテジャパン)もお取り扱いしております。

Top