シィナベルとは

天然大理石のオリジナルブランド

シィナベルは、Colordrop Design(萩原雅之・石井勇夫)と、静岡の老舗家具メーカー中山家具のオリジナルブランドです。

静岡県の新商品開発プロジェクト 『つなぐデザイン』で商品開発が始まり、独自の技術を開発し2013年にギフトショーでデビューしました。

イタリアから仕入れた良質な天然大理石を国内で丁寧に加工、高級家具などで使用される無垢のウォールナット材と組み合わせてデザインしています。

そのデザイン性とオリジナリティを評価いただき、ラグジュアリーなホテルやレストラン、オフィスなどに納品実績があります。

また、家具、インテリアだけでなく、他業種とのコラボレーションやデザイン提案なども行なっています。

OSS_6952

沿革

2013年 ニューウェーブ「しずおか」創造事業 『つなぐデザイン』にて、中山家具とのコラボレーション商品開発のスタート
2013年9月 ギフトショーにて「シィナベルシェルフ」「トレイ・パッドスタンド」がデビュー
2013年11月 新宿OZONE「Love Local Industry展」参加。展示会でシリーズを展開
2014年1月 松坂屋静岡店本館にて展示販売
2014年6月 静岡ツインメッセで開催される「シズオカKAGUメッセ2014」に参加
2014年3月 Shinabel(シィナベル)のWebサイトをオープン
2014年6月 シズオカKAGUメッセ2015に参加
2015年10月 TOKYO DESIGN WEEK 2015・プロ展に参加 新商品の発表
2016年11月 IFFT/インテリア ライフスタイル リビングに出展 新商品の発表
2017年8月 ギフトショー出展 グレーバージョンの追加
2017年10月 蔦屋書店 銀座SIXにて展示販売
2017年11月 IFFT/インテリア ライフスタイル リビングに出展 ダイニングテーブルの発表
2018年3月 東急ハンズ名古屋店(男の書斎)、日本橋三越本店(万年筆祭)、有隣堂(恵比寿店)にて展示販売
 その他 各ネットショップ、セレクトショップなどで販売中

素材、品質へのこだわり

数億年の時間が育んだ天然素材である大理石の魅力は他に類のない、唯一無二のもの。古代は神聖な神殿に使われ、現代では国会議事堂のような格調高い建築物などで多く使われています。

大理石の加工は切断や研磨など、大変時間と手間がかかり、生産できる工場は限られています。例えばシィナベルの表面磨きには7回もの工程があり、特に小さい物を仕上げるには熟練の技が必要です。石の目は日本人が好む模様・色の部分をセレクトし、グレードの高い良質な天然大理石を使用しています。

ウォールナット無垢材はオイルフィニッシュ仕上げ。自然の植物油と植物ワックスからできたドイツ生まれの自然塗装オスモカラーを使用しています。

国内有数の家具の産地静岡で、職人が丁寧にひとつづつ製作しています。

MVI_5673L
28279024_2466515126709665_1779571426690849618_n

デザイン: 萩原雅之・石井勇夫
家具、インテリア製品、工業製品のデザインを中心に吉祥寺で活動しています。近年は地場産業、地域活性共同プロジェクトにも参加。

nakayama

製造:  中山家具株式会社(中山 義隆)
大理石と木材を使った家具、キッチンを製造販売する静岡の老舗家具メーカーの企画・営業を担当。静岡県家具工業組合青年部会長。2013グッドデザインしずおか文化賞を受賞。

ステーショナリー
シィナベルラインL シィナベルラインM ブックエンド シィナベルスタンド ガジェットスタンド シィナベルウォール
トレイ
ロングトレイ トレイ400+ウッドプレート トレイ250 トレイ150 シィナベルトレイL シィナベルトレイM
グレー
シィナベルトレイ250(グレー) シィナベルラインL(グレー) シィナベルラインM(グレー) ブックエンド(グレー) シィナベルトレイM(グレー)
花器・一輪挿し
一輪挿し フラワースタンド
Top