TOKYO DESIGN WEEK 2015に向けて -3-

Shinabelが大理石を選んだ理由

TOKYO DESIGN WEEK 2015が来週からはじまります。

それに向けて、今回はShinabelの最も大きい特長である大理石の魅力について少し説明いたします。

皆さんは大理石と聞いて何を思い出すでしょうか。神殿やホテルのロビー、エントランス、それとも彫刻などでしょうか。建築物などの大きいものが多いのではないかと思います。まれにキッチンやリビングの家具で使われるのですが、天板などの大きい部材で使う場合が多い。実際、中山家具でも大理石が天板のテーブルはよく出ます。

それはなぜか。

単純に加工が難しく、手間が掛かるため、小物には向いていないのです。

大理石は、一見すると硬そうですが、とてもデリケートな素材。爪で強く引っかくだけで傷になるぐらい表面はデリケートです。角も欠けやすく、加工も搬送も含め、扱うのにとても気を使います。とはいえ、それでも石材なのでカットするには大きな専門の工具が必要。ゆっくりゆっくりと水をかけながら時間をかけて切り出します。

さらに、大きな材料から切り出して細かい加工をした後、磨かなければなりません。木材や他の製品のように下地をならして塗装するというものはなく、あくまで素材を磨き上げて輝きを出していきます。磨きにはなんと7段階の工程があります。

これらの加工、特に小物は機械にまかせっきりとはいかず、職人が丁寧に作業しなければなりません。

製品の大小にかかわらず加工の手間は同じように掛かるので、どうしても高価となってしまいます。

_MG_5675

一つひとつ、熟練の職人が手加工で仕上げていく。

また、大理石は大きく仕入れるので、小物として使うよりも建材として使うほうが原価効率がいい。つまり、大きく仕入れて、大きく売りさばくことに向いています。

こんなことから大理石の商品化は難しく、あまり目にすることはないのではないでしょうか。

_MG_5622

石材はイタリア直輸入。安定して仕入れている。

Shinabelをデザイン/プロモートしていているカラードロップデザインは、中山家具と出会い大理石の質感の素晴らしさに驚きました。

まずはその重さ。比重2.7kgは木材はもちろん、レンガよりも断然重い。それに多くの金属の製品と違い、大理石は中身がぎっしりと詰まっている分、体感的には金属と同じような重さを感じると思います。持ってみると、この重さの価値観は何事にも変えられないものだとわかっていただけるでしょう。

そして、本物の素材感。今回使用しているイタリアから直輸入したビアンコカラーラという大理石は、白地に黒いまだら模様が入っています。この模様は一つひとつ違い、世の中に同じものは二つとしてありません。その模様の中でも、日本人が好むキメの細かいところを選んで使っています。

また、大理石は通常の石材と違い、うっすらと光を透します。本当にうっすらなのですが、これが表面の光の反射に優しさを醸し出します。これは本当に微妙で、写真に収めるのも難しいのですが、本物の素材だからこその質感が確実にあります。

デザイナーには、このように魅力が溢れれる大理石という素材をもっと身近に感じて欲しいという想いが根底にあります。そのためにお求めやすい、手に取ることのできるステーショナリーなどの小物をデザインして製造しています。

_MG_5265

ブックエンド

その中で、例えばブックエンド

・本を支えるために大理石の重さを有効に使い、持って気持ちのいい重さを設定しています。

・一方、本や机に触れる部分は優しく木材を当てています。

・石を一体とせず、つなぎ目を見せて石の固まり感や表情を見せています。

・石のボリューム感を見せるため、石と木の合わせ目をフラットにせず、石が大きい方向の段差をつけています。

一見シンプルなデザインですが、そこにデザイナーの気持ちは詰まっています。

 

他の製品も同じように、大理石の魅力を引き出すためにデザイナーの創意工夫があります。

ぜひ、実際の展示場で手にとって見ていただきたい。

デザイナーがアテンドし説明もいたしますので、お越しくだされば幸いです。

 

■東京デザインウィーク プロ展

国内外のプロクリエイターによる個展形式の展示。今年は前期に建築インテリア・プロダクト系、後期はノンジャンルとして、ファッション・テキスタイル・写真・映像・グラフィック・アートなど様々なクリエイティブジャンルで活躍するプロクリエイターが出品。

【前期ジャンル】建築/インテリア/プロダクト
【後期ジャンル】ファッション/テキスタイル/写真/映像/グラフィック/イラスト/メディアアート/クラフト/空間/その他クリエイティブジャンル

【前期】10月24日(土)〜10月28日(水)
【後期】10月30日(金)〜11月3日(火・祝)
※10月29日(木)は終日閉場
【時間】11:00〜21:00(最終日は20:00まで)
【会場】明治神宮外苑絵画館前/下の図のオレンジの12番で展示をしています。

12079917_1627802110580975_1884743441176325166_o

 

 

ステーショナリー
シィナベルラインL シィナベルラインM ブックエンド シィナベルスタンド ガジェットスタンド シィナベルウォール
トレイ
ロングトレイ トレイ400+ウッドプレート トレイ250 トレイ150 シィナベルトレイL シィナベルトレイM
グレー
シィナベルトレイ250(グレー) シィナベルラインL(グレー) シィナベルラインM(グレー) シィナベルトレイM(グレー) ブックエンド(グレー)
花器・一輪挿し
一輪挿し フラワースタンド
インテリアオーディオ
インテリアオーディオ      
家具
ダイニングテーブル
Top