海外出張に持って行くスーツケースの中身を公開

スーツケースの中身

最近、仕事で海外に行くことが多くなってきました。
毎回、荷物を整えるのは面倒だし、忘れ物をするのが怖いので、いつもほぼ同じ荷物です。

無印小分けケース

もう10年以上使っている旅行用小分けケース

基本的に、この小分けケースに出張用の小物を全部入れてます。

 

海外出張の持ち物

色々と試した結果、このメンバーに!

中身は。。。

上段左から
・お風呂グッズ:ホテルの備品は香りが強すぎたり、ぬるっとする感じが嫌いなので持参。結局、頭、顔、体、全てゼッケンの時が多いですが。。
・英語辞書:このサイズで英和、和英が使える。あまり使いませんが念のために。
・耳栓:壁が薄かったり、道路の近くの部屋の場合は重宝します。
・鍵:フロントに荷物を預けるときなどに、ワイヤーで荷物を固定する場合に使用。
・虫よけ:工場内での打合せが多いアジア出張では必須。小さいし、さらっとしているこのタイプが使いやすいです。
・各種充電:3種類が充電できるタイプ。古いmac製品、Bluetooth製品にも使用出来ます。

下段左から
・パスポート入れ:各国のお金や航空チケット、レシートなどもこの中に。
・ギャッツビー:アジアでは必須!仕事後の顔を拭く一枚がたまらない。。
・各種薬:風邪薬、抗菌目薬、痒み止めなど。最近、胃薬も必要になってきました。。。
・海外用スマホケース:これは優れもの!(下で説明します。)

 

海外出張用スマホケース!?

海外出張用スマホケース

黒色と迷いましたが、見つけやすい茶色をセレクト。

海外出張用スマホケース

これを一つ持って出ればOK

海外は日本と違って、やはり犯罪が多いと感じます。
特に、スマホ、財布は狙われやすいです。

自分の場合、外出する時は、スマホ、紙幣、小銭、クレジットカード、ホテルの鍵、スーツケースの鍵、名刺を持って出ますが
このスマホケースはそのすべてをまとめることができます!
毎回、ポケットの中を確認したり、出かけるときに焦ることが無くなりました。
チェーンを付ければズボンに取り付けることもできるので、とても重宝しております。

ただし、これをなくしたら相当困りますが。。。

 

無印のインド綿のルームサンダル

無印のインド綿のルームサンダル

意外と便利なのはこの無印のインド綿のルームサンダル。
行き帰りの飛行機の中は靴を脱いで裸足にはいてます。
特に長期の出張の場合、ホテルの中でできるだけリラックスしたいので、
楽々パンツにこのサンダルが気に入っています。

 

ポロシャツ

ポロシャツは、秋、冬の季節外れの時にネットで安く購入するのもポイント。

洋服はポロシャツが中心です。
Tシャツだと気持ちがダラけてしまうし、Yシャツはしわが気になります。
色も白を避けて濃い目のものを選びます。自分は食事中にパスタや汁物を飛ばす可能性が高いので(笑)。

 

スーツケース

スーツケースは傷がつきにくい表面加工のデザインを選んでいます。

これに、仕事道具と普段使っている髭剃り、移動中に読む本を入れて準備OK!
だいたい3~5泊の場合はこのスーツケースで行きます。
あと気をつけることは、お土産を買いすぎないことですね(笑)。

次回は仕事道具について書いてみたいと思います。

<プロダクトデザイン担当 萩原>

ステーショナリー
シィナベルラインL シィナベルラインM ブックエンド シィナベルスタンド ガジェットスタンド シィナベルウォール
トレイ
ロングトレイ トレイ400+ウッドプレート トレイ250 トレイ150 シィナベルトレイL シィナベルトレイM
グレー
シィナベルトレイ250(グレー) シィナベルラインL(グレー) シィナベルラインM(グレー) ブックエンド(グレー) シィナベルトレイM(グレー)
花器・一輪挿し
一輪挿し フラワースタンド
Top