イタリア天然大理石×世界三大銘木のウォールナット

古代より建築や彫刻に使われているイタリアの天然大理石と、世界三大銘木でもある重硬な高級木材であるウォールナット。 日本の職人による高い技術力でその二つの素材を一つする事に成功しました。 シィナベルシリーズはあなたの日常をワンステージアップするためのプロダクトです。

DSC_0128_086

パッドスタンド

情報を演出

ipad、ipad miniなどのタブレット、スマホなどを立てかけるスタンドです。小さいトレイ付き。時計やアクセサリーなど、お気に入り入れに。展示会などでは名刺やDMを飾るスタンドとして活躍します。ホテルなどのインフォメーションコーナーにも似合います。

W100×D150×H40mm

l-otegoro l-dansei

¥17,000

大理石は大変デリケートな素材です。
お取り扱いについては商品の取り扱いについてをお読みください

無駄をそぎ落としたフォルム

DSC_0085_059

木の素材のやわらかさで大事なアイテムを支えます。

タブレットに接地する部分は、傷がつきにくい木の素材でできています。囲まれた部分にはアクセサリーやキーケースなどを小物を置くことが可能です。

DSC_0132_088
pad-stand2

スタッフからのメッセージ

展示会・お店のディスプレーにも最適です。後ろのスペースには名刺がちょうど入るサイズなので、ショップカードを置くのもオススメです。

ipad
syokunin

繊細さを求められる大理石の加工

大理石は加工は容易ではありません。熟練した職人の技が必要になります。Shinabelの商品は静岡の工房の職人の手作業でひとひとつ丁寧に作られています。

高級木材のウォールナットの重厚感

16世紀から17世紀にかけヨーロッパでは「ウォールナットの時代」と呼ばれるほどの人気がありました。木質は重硬で衝撃に強く、 強度と粘りがあり、狂いが少なく加工性や着色性も良いという特性を持っています。落ち着いた色合いと重厚な木目から、 高級家具材や工芸材に用いられてきました。長期にわたる人気のため資源が枯渇ぎみであり、現代では高級木材となっています。

大理石とともに時を刻む

古代より建築や彫刻に使われている大理石。 古代ギリシアのパルテノン神殿、ローマのコロッセオ、インドのタージ・マハルなど美や権威、あるいは栄華ある歴史の象徴としての側面をも持っています。

photo
DSC_0128_086

パッドスタンド

情報を演出

ipad、ipad miniなどのタブレット、スマホなどを立てかけるスタンドです。小さいトレイ付き。時計やアクセサリーなど、お気に入り入れに。展示会などでは名刺やDMを飾るスタンドとして活躍します。ホテルなどのインフォメーションコーナーにも似合います。

W100×D150×H40mm

l-otegoro l-dansei

¥17,000

大理石は大変デリケートな素材です。
お取り扱いについては商品の取り扱いについてをお読みください

ステーショナリー
シィナベルラインL シィナベルラインM ブックエンド シィナベルスタンド ガジェットスタンド シィナベルウォール
トレイ
ロングトレイ トレイ400+ウッドプレート トレイ250 トレイ150 シィナベルトレイL シィナベルトレイM
グレー
シィナベルトレイ250(グレー) シィナベルラインL(グレー) シィナベルラインM(グレー) ブックエンド(グレー) シィナベルトレイM(グレー)
花器・一輪挿し
一輪挿し フラワースタンド
Top