MARBLE

大理石の特長

大理石は、産地により名前が石の名前が決まります。Shinabelで使っている白い石は「ビアンコカラーラと」いう名前ですが、イタリアのカラーラという土地で算出される白(ビアンコ)と言う意味です。どこでも取れるものではなく、量に限りがある希少性の高いものです。

歴史も古く、美しさから彫刻や建築などで昔から使われていました。

日本ではあまり産出しないことと、日本は石の文化ではなく木の文化が発展したため、あまり一般的ではありません。

photo-1589366025085-d060e3f956e6

Shinabelでは基本的には、上述のようにビアンコカラーラという大理石を使っていますが、特注でグレーや、黒、ピンクなどの石を選ぶことが可能です。

また、こんな石がほしいとの要望をいただけたら、特注で石を見繕うことことも可能です。

サイズも同様に、変えることも出来ます。

豊富な
石の種類

_MG_1980

取り扱いの
ご注意

・大理石は天然素材の為、1 枚1 枚、模様・色手が異なります。カタログ、Web サイト等の写真については、なるべく雰囲気をお伝えできるよう心がけておりますが、ロットによる個体差がございますのでご注意下さい。

・天然石のため、石目、空隙・亀裂、ピンホールが混入する場合がございます。

・素材感を活かすために、無塗装の磨き仕上げにしてあります。浸透性がありますので、シミや汚れの付着にはご注意下さい。

・長期使用により全体的につやが落ちてきます。自然素材ならでは風合い、エージング感をお楽しみください。

・小口、端部は特にわれ、かけが起こりやすいため、ぶつけたり物を落としたりしないでください。

・酸に弱いため、酸性洗剤・カビ取り剤などは使用しないでください。

・普段のお手入れは布で乾拭きをしてください。

MG_5238-1

Q.大理石が汚れてしまったのですが、きれいにできますか?

A.磨き直して輝きを戻すことはできます。染み込んだ汚れは磨き直しても残ることがあります。一度、ご相談くだい。

Q.割れてしまったものを直せますか?

A.割れたものを接着することはできますが、強度は落ちます。裏から木を当てて補強することも可能です。実物を見させていただいて、ご提案します。

よくある質問

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたか頓と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。

Login to your account